Contents水道は人間が生活するうえでの重要システム
水道は人間が生活するうえでの重要システム

水道は人間が生活するうえでの必需品です。

我が家のある市では二ヶ月に1度水道料が徴収されます。
そのため、水道料金を支払う月は一気に生活費が高くなります。
さらに下水道料金も同時に来るので、これがまた大変なのです。

水道料金よりも下水道代の方が高いからです。

ただ、田舎でもあるので、この辺りは水がきれいで、水道の水もそのまま飲んでも大きな問題はありません。大手飲料水メーカーが工場を作っているぐらいですから。水は非常に上質なはずです。

おそらく直ぐ近くに川が流れているので、その水が地下水となって流れ込んでいるのだと思います。
市内の至る所に水道の施設が有り浄水と送水を行っています。
その施設の一カ所に市の水道局が有ります。
その水道局がある施設は水の浄化も行われていて、かなり広い敷地です。

我が家へ入っている水道はそこからのモノでは無く、市の高台にあるところから送られてきているモノです。

そこにも浄水設備があるほか、大きな給水タンクが有り、市内の多くの家庭へ生活水を送っています。
先日水道のメータが交換されました。

すでに設置から30年近くたっているので当然のことかと思います。
その前に水道管が交換されていました。
この水道管も老築化していることと使っていた素材が悪いモノだったそうです。

飲料水を送る送水管ですから、そこから悪い物質が検出されるようでは困ります。
その当たりのことはきっちりと把握をして直ぐに新しいモノに交換していって貰いたいと思います。
人間にとって水は非常に大切なモノです。

災害の時に助かる可能性が高いのは72時間以内だと言う事ですが、これは水を口にしない状態で生きていくことの出来る限界の時間だそうです。

水さえあれば、食べ物は無くても1週間ぐらいは全く問題はありませんが、水が無いと人間の身体は非常に悪い状態になっていくそうです。

水道の蛇口をひねれば水の出る国ですが、もっと水道のことは考えないと行けないと思います。
人間にとって一番大切な物なのです。

生活・生活を良く聞くなと思ったら調べましょう